現在のカゴの中

商品はございません。

20,000円以上で
送料無料!!

カゴの中を見る
FAX用紙ダウンロード
  • 注文用紙
  • 見積依頼用紙
  • お問い合せ用紙
現在のページを携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

当WEBサイトは、お客様に安心して閲覧いただけるよう 定期的にマルウェア感染診断を実施し、セキュリティ向上に努めています。

【高光印】 片刃中厚鎌

No. 404
商品コード:
TMKTK195~TMKTK210
価格(税込):
1,830 ~ 1,920
ポイント: 54~57 Pt

★発送日目安:即日~2日後
  • 刃長:
数量:
●切れ味を誇る土佐打刃物。

刃長:195mm、210mm
全長:約455mm

歴史と伝統を誇る土佐打刃物生産の由来

今を去る370余年前、秀吉は小田原の北条氏を倒したが、このとき参戦した 土佐の領主長曽部広親は帰国に際し、
相川(新潟県佐渡)の刀鍛冶野口某を 土佐へ連れ帰り、現在の高知県南国市久礼田に住まわせ、
優秀な刀剣を作らせ ていたが、後野口某は附近農民の希望をいれて鎌、包丁を打つようになり、
 これが土佐鍛造のはじまりといわれている。その後時代は移り野中兼山の執政下 となるや新田の開拓、
植林業に主力が注がれ、必然的に刃物の需要が急増、 土佐藩主山内家でも刃物の増産に拍車がかけ、
鍛冶職の租税を免ずるなどの優遇 措置も手伝い、物部川流域には斧、鉈、鳶、鶴などが多量に生産されはじめた。 又、
天明2年(1782)には京都の刀鍛冶小笠原円茂が土佐山田地区で草刈鎌 を専門に打ち出した結果、
前記野口派と小笠原派は相互に競合・・


品質・切れ味
ともに格段に向上せざるをえなくなった。いまなお土佐打ち刃物が誇る
切れ味も元を正せばこの両派競争の産物といえよう。   

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

2017年6月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※赤字は休業日です